育児パパのお気楽生活 2 中国旅行 4日目その2
コンテントヘッダー

中国旅行 4日目その2

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。





12月下旬に中国地方に旅行に行ってきました。






昼食を食べ終えた後、次の目的地へ向かう。

昼食場所からは30分も離れていない場所。


車は呉市へ到着。


ここは昔から軍港で栄えた場所。

今も海上自衛隊の基地がある。


ちなみに、あの有名な戦艦大和もここで造られた(はず)。
IMG_3442 - コピー

ここに来た目的はというと・・・。



子供たちには事前に「てつのくじら」がいる所に行くよと言っておいた。




てつのくじら。


鉄のくじら?





さて、何でしょう。












正解はこれ。





ドドーン。
IMG_3443 - コピー

海上自衛隊で実際に使っていた本物の潜水艦。

これを見学できるのだ。


【あきしお】という名前だったみたい。
IMG_3445 - コピー

子供たちは潜水艦と聞いて、一気にやる気を失ったみたい。

特に、ことみとけんじが。



しんごだけは興味を持ってくれた。



せっかく広島県まで来たんだもの。

おとーさんだって見たいものがあるの。




お願いだから、ここだけはガマンして。





自衛隊の施設だから見学は無料。

楽しみだなぁ。
IMG_3446 - コピー

最初は機雷について。

機雷というのは海の地雷のこと。


水中に置いておき、敵の船が来たら爆発して船を沈める兵器。



それを除去する能力が自衛隊は世界で有数の実力があるんだと。

へぇ~。


太平洋戦争中に日本近海に機雷が大量にバラまかれた。

戦争が終わっても、機雷は作動し続ける。


そこで、自衛隊が機雷をたくさん除去してきたんだと。

このことを掃海と呼ぶ。



自衛隊は掃海挺をたくさん持っている。


で、隊員の能力もある。

だから、実力があるってことなんだって。



なるほどねぇ。
IMG_3449 - コピー

次のエリアは潜水艦について。


待ってました。

これが見たかったんだよね。



潜水艦の内部はこんな感じになっているようだ。

めっちゃ狭そうな感じ。
IMG_3452 - コピー

食堂のイスの中にジャガイモやら玉ねぎやらを保管している。

これは狭い潜水艦のスペースを有効活用するため。


こういう努力をしているんだねぇ。
IMG_3453 - コピー

乗員のベッドは3段。

見るからに狭そう。


こんなスペースしか確保できないのか。

これはストレス溜まりそう。


気になったのがベッド下のスペース。

ここが空いているのは、何か理由があるのか。


なんかもったいない気がする。
IMG_3454 - コピー

ベッドへの乗り方にもコツがあるそうだ。

頭からうつ伏せで入って、中で回転して上を向く。


なるほど。
IMG_3456 - コピー

おとーさんも寝てみたけど、普段車中泊で寝ているベッドよりは、多少の余裕はある。


ただし、わが家のベッドはお腹ぐらいまでの長さ。

胸より上は空間がある。


こっちのベッドは頭までずっとベッド。

圧迫感がめっちゃある。


これは大変だ。
IMG_3455 - コピー

トイレとシャワー。

驚いたのが、このシャワー。


おとーさんの会社にあるやつより広い。

潜水艦にもシャワーがあるとは。


その代わり、お風呂がないんだと思う。
IMG_3457 - コピー

こちらが食事の一例。

潜水艦の食事は、他の船よりも豪華なんだそう。


乗員にとっての楽しみが食事ぐらいしかないからなんだって。

へぇ~。
IMG_3458 - コピー

というのを見学した後、これから本物の潜水艦に入る。


いよいよだ。

ワクワクするな。
IMG_3461 - コピー

ちなみに、この潜水艦の全体はこんな感じ。

大きすぎて、ある程度離れないと写真に写らないよ。
IMG_3477 - コピー

では、中に入ってみる。


まず最初に出てきたのは、潜水艦がどう潜航するのか。



外側に海水が入るようになっていて、簡単に言えば、水が入れば潜航、なければ浮上ということ。

案外単純な造りなんだね。
IMG_3462 - コピー

で、実際の潜水艦はというと、やっぱり狭い。

廊下の幅は大人1人ギリギリしかない。


こりゃ移動はキツいな。
IMG_3464 - コピー

ねぇ、まだ見なきゃダメ?」 (ことみ)


ことみが聞いてきた。


潜水艦に全く興味のないことみとけんじ。

この建物に入った時から飽きていた。


そろそろ終わりかと思ったら、今度は潜水艦の中を見だした。

まだまだ続くと思って、聞いてきたみたい。



その言い方にイラっときたけど、ここはぐっと堪える。


興味のないヤツを嫌々見させても意味がない。

そういう態度で見学させるのも周囲の人に失礼になる。


だったら、戻ってていいよ。



そう言ったら、けんじを連れて無言で去っていった。


チッ。


反抗期まっさかりだ。






さっき見た乗員の3段ベッド。


こちらにはベッドの下も有効活用されていた。

なーんだ。やっぱりそうか。



潜水艦は普段は潜航しているため、素との景色が見られない。

時計を見ないと、今が昼なのか夜なのか、分からない。


そのため、夜になると赤いライトになるそうだ。


これで昼夜の区別をしているんだそう。



なるほど。


蛍光灯を見ると、白と赤の2種類ある。



これは昼間バージョン。
IMG_3465 - コピー

こっちが夜バージョン。

赤でもしっかり見える。
IMG_3466 - コピー

乗員はみんな大部屋(?)だけど、艦長だけは個室がある。

それがこちら。


艦長でさえも、これしかないのか。


潜水艦って大変なんだなぁ。
IMG_3467 - コピー

潜望鏡を発見。

ここは潜水艦の司令塔となる場所だ。


実際の潜望鏡を見ることができる。
IMG_3470 - コピー

おとーさんも見せてもらった。


おぉ!


見える見える。



映画で見たのと同じ。


双眼鏡を覗いているみたいな感じ。
IMG_3471 - コピー

以上で潜水艦の見学は終了。

いやぁ、良かった。



最後に自衛隊グッズ屋さんをちょっとチェック。
IMG_3474 - コピー

これでてつのくじらは終了。


子供たちは、すぐ近くにある、ゆめタウン呉というショッピングセンターに行かせた。

お菓子を選んでおいてと言っておいた。


おとーさんは隣にある大和ミュージアムへ。

戦艦大和の博物館だ。


こちらは写真を撮っただけで終了。

子供たちが待っているから。


本当はこっちも入りたかったなぁ。
IMG_3476 - コピー

ゆめタウンの隣におみやげ屋さんがあった。

その中に海軍グルメレストランがあった。


ここで食べても良かったなぁ。

自衛隊のカレーを食べてみたかった。
IMG_3483 - コピー



ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

とまお

Author:とまお
1976年生まれ

私 ・・温厚でおとぼけ者
妻 ・・短気でおおざっぱ

子供1・・ことみ 12歳(小6)
おてんばで外遊び好き

子供2・・しんご 9歳(小4)
甘えん坊で食いしん坊

子供3・・けんじ 7歳(小2)
泣き虫のママっ子

ペット・・さくら(犬) 
トイプー 残飯処理班長

居住地・・千葉県千葉市
仕事 ・・夜勤もある交代勤務

パート主婦の妻と3人の子供たちとのドタバタを備忘録として記録に残しています。

現在、子供たちとふれ合う時間を大切にしているので、ブログの内容を軽めにしました。(24年3月~)

子供たちの顔にモザイクを入れました。(26年6月~)

イタズラのコメントが多いので、コメントを閉鎖しました。
コメントある場合は拍手からお願いします。
(28年7月~)

記事は数日~数週間前の出来事です。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR