育児パパのお気楽生活 2 中国旅行 2日目その1
コンテントヘッダー

中国旅行 2日目その1

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。





12月下旬に中国地方に旅行に行ってきました。






鳥取空港を後にして、西へと向かう。

この辺は高速道路が無料で開放されている区間が多い。


ありがたく利用させてもらいます。
IMG_3174 - コピー

30分ぐらいは走ったかな。

目的地に到着。


やって来たのはカレーショップてけてけ。


安くておいしいというネットの評判を見て決めた。
IMG_3178 - コピー

しかし、子供たちはこの時3人とも、あまりお腹が空いていないとのこと。

ええー、そうなの?


じゃ、ムリして食べることもないか。



それじゃ、店内で食べるつもりだったけど、持ち帰りにして外で食べようか。


このカレー屋さんのすぐ隣に、大きな遊具がある。

そこで遊びつつカレーを食べることにすればいいんじゃないかな。
IMG_3177 - コピー

なので、みんなで2人前のカレーを食べることにした。

持ち帰りでカレー2つお願いします。


1つ600円のカレーに持ち帰り用の容器50円でトータル1300円。

安いですなぁ。



公園のベンチにカレーを持っていって、いただきまーす。
IMG_3179 - コピー

子供たちが先に一口パクリ。


どう?

おいしい?




からっ!」 (けんじ)



えっ!?



うわっ!」 (しんご)



ええっ!?



これは・・・。」 (ことみ)


えええっ!?



辛いの?





おとーさんも恐る恐る一口パクっ。





ひぃぃ。



大人のおとーさんでも辛い。
IMG_3180 - コピー

しまった。

やらかした。



この辛さは子供たちはムリだ。


しかし、2つしか頼まなかったのは不幸中の幸いだ。




子供たちにはムリに食べなくて良いと伝えた。




けんじは一口で、しんごも早々に脱落。



ことみは頑張って半分ぐらい食べてくれた。


辛かっただろうに。

よく頑張ってくれたね。


おとーさんに気を遣ってくれたのかな。



おとーさんも辛いのは苦手。

子供たちに混じって、普段はカレー甘口。(笑)


なので、このカレーはものすごく辛く感じた。

子供たちの分も合わせて1.5人前のカレーを完食。


お腹いっぱい&辛かったなぁ。



おとーさんが1人でカレーと格闘している間、子供たちは公園で元気に遊んでいた。

そう言えば、この旅行で最初の公園だ。
IMG_3176 - コピー

見たことないタイプの遊具を発見。

これはどうやって遊ぶのか。


座るのか立つのか、イマイチ分からない。

子供たちは立って遊んでいたけど、靴のままで乗っちゃって良かったのかな。
IMG_3184 - コピー

さて、ここに来たのはカレーだけでなく、もちろん公園でもない。




プールに入りに来たのだ。

おとーさんは、旅行中に必ず1回はプールに入る行程を入れるようにしている。


本当はもっと後半で入りたかったが、日程の都合上どうしても今日しかなかった。


というのも、温水プールは清掃センターに隣接している施設で、年末になると休みに入っちゃうから。


なので、この日にここで入る以外は選択肢がなかった。



プールに入ると疲れるから、おとーさんは今日は入りたくなかったんだけどなぁ。

このプールの疲れが夜中の運転に響かなければいいんだけど。




やって来たのは、倉吉市営温水プール。

公式HPはこちら→倉吉市営温水プール
IMG_3186 - コピー

料金は大人530円、子供220円の合計1190円。

でも、係員が教えてくれた。


JAFに入っていると割引になると。



おぉ。


会員証あります。




とのことで、計算機でピッピッと修正して、合計970円だった。

どう割引されたのかは分からない。



更衣室で水着に着替える。

子供たち、こういう時の準備は早いんだよなぁ。
IMG_3187 - コピー

プールに入ろう。


このプールは水泳帽着用が義務づけられている。

水泳帽がない人は無料で貸し出ししてくれる。


LMSの3つのサイズがあって、とっても親切。



ただ、このプール、撮影禁止だった。

知らずに最初に撮っちゃって、その後張り紙に気がついた。


あらら、ごめんなさい。
IMG_3188 - コピー

流水プールと子供用プール、25メートルプールがあり、さらにスライダーもある。

小さいプールではあるが、子供たちが楽しめる設備は整っている。


おとーさんはスライダーと流れるプールがあることが、プールを選ぶ基準としている。
IMG_3192 - コピー

プールは空いていた。

子供で泳いでいるのはわが家だけ。


他に大人が20人ぐらいいるだけ。


大人はほとんどが25メートルプールで泳いでいた。

なので、流れるプールを貸し切り状態で使用していた。


1時間ごとに休憩があるのが面倒ではある。


スライダーは誰も滑っていなくて、係員もいない。

滑りたい人は係員に申し出てくれというスタイル。


これだけ空いているのであれば、そういうシステムにする方が効率が良いね。





2時間ぐらい泳いだ時であったか。

次の行程を聞かれた。


今日はここで夕方か夜ぐらいまでいるつもりであった。

子供たちがプールが好きだから、プールの時間を長く取った方が喜ぶと思っていたから。


この後は、鬼太郎のいる場所へ行ってから夕食を食べ、最後にイオンという行程。

イオンでは、ことみのすきなアニメイトとしんご・けんじのすきなゲーセンがある。



イオンの話をした直後、子供たちの目の色が変わった。

ことみはイオンの中に入っているアニメイトに、他2名はゲーセンに行きたくて仕方ないという感じ。


プールなんか早めに切り上げて、イオンへ行こう、と。




え?



プールよりイオンがいいの?





本当に?




アニメイトに行きたい気持ちはまぁ分からないでもない。

ゲーセンは近所のイオンで毎日のように行っている。


プールで遊ぶのは何ヵ月に1回ぐらいしかない。

行ける頻度を考えれば、プールを早めに切り上げるなんて思わないはずなんだけど。




それでも行きたい?



3人ともコクリと頷く。






ええー?





じゃ、せめてあと1時間はプールで泳いで、3時間はいようよ。


せっかくプールに入ったのに、2時間で出るなんてもったいない。

時間制限がある訳でもないのに。




ということで、プールで3時間ほど、16時まで滞在した。


更衣室には脱水機があった。

これがあるのとないのとで、水着の重さと乾きが全然違うからね。


助かるなぁ。



脱水機に水着3つと帽子3つをを入れてスイッチオン。



ガタガタガタガタ。




ん?



水着を入れすぎたか。




量を2つずつに減らして、またスイッチオン。






ガタガタガタガタ。






え?





これでもダメ?





では、1つずつにしてオン。




どうだ?





ガタガタ・・・ガタ・・・・・ギュオオオオオン。





おぉ、ようやく動いたか。




しかし、水着2つも入れられない脱水機って・・・。

非力すぎない?



おとーさんのラッシュガード1つだけでもダメだったし。
IMG_3190 - コピー

ことみと合流。


ちなみに、女性の方の脱水機はちゃんとできたみたい。


きちんと脱水してきていた。




さて、それでは米子方面へレッツゴー。

また無料高速使っちゃうもんねー。
IMG_3193 - コピー

おとーさんの会社の直属の上司に、すごく信頼できる人がいる。

すごく部下思いの人で、会社のいろいろな人に頼りにされている人。


それでいて、絶対に威張ったりしない。

性格もすばらしい人。


その人が鳥取県米子市の出身で、今回の旅行でもこの辺の天候のアドバイスをしてくれた。



その上司のすぐ近くを通るから、実家を見てみたいと思っていた。


ただ見るだけ。(笑)

別に親御さんに挨拶をするとかでもない。



場所は事前に教えてもらっていた。

グーグルマップとカーナビを併用して、実家を目指す。



車1台がやっと通れるぐらいの、ものすごく狭い道を通る。

こんなに狭いとは思わなかった。



そして、実家の前に到着。

写真を1枚パチリ。
IMG_3195 - コピー

上司の実家から5分ぐらいで、次の目的地に到着。

目的地というよりは、通過するだけなんだけど。



やって来たのは、米子空港の近くにあるメロディ道路という場所。

ちなみに、米子空港の正式名称は米子鬼太郎空港だって。


鳥取砂丘コナン空港と同じでふざけた名前だ。(笑)




このメロディ道路、名前の通りに走ると音楽が聞こえる。

どんな音なんだろうな。
IMG_3199 - コピー

この時、子供たちは全員爆睡中。

プールから出て1時間も車に乗っていたら、そりゃ寝ちゃうわな。


この道路を通る前に子供たちを起こそうか迷った。

喜んでくれるかもしれないが、たぶん反応は薄いだろう。


なので、迷ったけど起こさないでおいた。




どんなメロディかというと、ゲゲゲの鬼太郎のあの歌。


ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲー♪というやつ。



動画で撮ってみたので聞いてみてください。

めっちゃ分かりづらいけど。


※開始後10秒ぐらいから音が始まります。



どう?

分かりにくかったでしょ。(笑)




さて、次へ進もう。



メロディ道路からさらに5分ほどで到着。

境港の駅前。


ここは鬼太郎の作者である水木しげるの出身地。

駅前の道が水木しげるロードと呼ばれている。
IMG_3204 - コピー

この水木しげるロードには、たくさんの妖怪がいるとのこと。

ネットで妖怪の情報を集め、こんな用紙を作ってみた。


9つの妖怪を載せた。

この中から上中下の中の横3つの妖怪を探してもらう。



誰がどの列を担当するか、じゃんけんで決定。

早く見つけた順に、明日のお菓子の金額を増額してあげよう。
IMG_3203 - コピー

境港の駅前から妖怪が迎えてくれる。

それでは、妖怪探しスタート。
IMG_3205 - コピー

この水木しげるロードには、たくさんの妖怪がいる。

道の両側に散らばっている。


100体ぐらいはいるんじゃないかな?



どこに何があるのか示してあるマップもある。

これは親切だ。


これを基に、自分の探している妖怪がどこにいるのかを見つけてみよう。
IMG_3209 - コピー

このマップはおとーさんも事前に調べておいた。

なので、3人とも同じぐらいのタイミングで見つけられるように調整してある。


こういうのでビリになっちゃったら、不機嫌になっちゃうかもしれないからね。



さっそくねずみ男を発見。

ねずみ男の担当は誰だっけ?
IMG_3208 - コピー

夜で暗いのと、妖怪が思いの外小さくて、なかなか見つけられない。

気づかずに通りすぎちゃったりもした。


ネットで見る分には小さくは見えないんだけどな。

こんなに小さいとは思わなかった。(笑)



雨が降る中、子供たちは目当ての妖怪を探し回る。


でも、なかなか見つからない。


ちょっと難易度が高かったかな。





仕方ない。

おとーさんも手助けしてあげよう。


スマホで妖怪のいる場所と現在位置を照らし合わせ、探している妖怪の所まで誘導する。


どうにか全部の妖怪を見つけた時には、30分ほどの時間が必要だった。



ふぃ~。

疲れたぜい。
IMG_3212 - コピー

ちなみに、この辺を走っているバスも鬼太郎仕様。

電車もそうだった。
IMG_3215 - コピー



ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

とまお

Author:とまお
1976年生まれ

私 ・・温厚でおとぼけ者
妻 ・・短気でおおざっぱ

子供1・・ことみ 12歳(小6)
おてんばで外遊び好き

子供2・・しんご 9歳(小4)
甘えん坊で食いしん坊

子供3・・けんじ 7歳(小2)
泣き虫のママっ子

ペット・・さくら(犬) 
トイプー 残飯処理班長

居住地・・千葉県千葉市
仕事 ・・夜勤もある交代勤務

パート主婦の妻と3人の子供たちとのドタバタを備忘録として記録に残しています。

現在、子供たちとふれ合う時間を大切にしているので、ブログの内容を軽めにしました。(24年3月~)

子供たちの顔にモザイクを入れました。(26年6月~)

イタズラのコメントが多いので、コメントを閉鎖しました。
コメントある場合は拍手からお願いします。
(28年7月~)

記事は数日~数週間前の出来事です。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR