育児パパのお気楽生活 2 中国旅行 1日目
コンテントヘッダー

中国旅行 1日目

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。




12月下旬に中国地方に旅行に行ってきました。







今年の子供たちの冬休みは短めになっている。

たぶん、夏休みが長かった分の影響なんだと思う。


12/26~1/5の11日間。

でも、おとーさんの休みと合ったため、旅行に行くことができた。


旅行の日程は12/25~30の6日間。

あ、帰りは31日の明け方になるだろうから、7日間か。



いつものように、出発はおとーさんの早番の仕事が終わってからだから、15時か16時頃になるであろう。




行く場所は中国地方と決めていた。

それは、本州で子供たちを連れていっていないのが、この中国地方だけだったから。


それ以外の本州の県は全て行った。

毎年3回ぐらい旅行に行っていたからなぁ。


もう行き尽くしてしまった。




今回のルートは、行きは山陰の日本海沿いを通り、帰りは山陽の瀬戸内海沿いのコース。

具体的には、鳥取・島根・山口・広島・岡山の各県を回る。



ただ1つ、この時季で気になるのが降雪。

特に山陰地方は雪が降ることで知られる場所だ。


仮に雪が降るのであれば、その場所を避けていかないといかない。



ちなみに、出発の日の天気予報はこんな感じ。

雪は降らないが、雨マークがポツリポツリ。


あまり天気に恵まれませんなぁ。
a1.jpg

基本的には前述のルートで、雪が降った場合には、山陽地方を往復するルートに変更しようと考えた。


今回の旅行は事前に充分時間があったので、下調べは完璧に行えた。

これほど準備に時間をかけられたのはないってぐらい。


遊ぶ場所はもちろん、食事をする場所もバッチリ決めていた。

行き先が中国地方と予め決まっていたからだろうな。


いつも予定表はメモ用紙に書いていたけど、今回はパソコンで作ってみた。

こんな感じで。
IMG_3058 - コピー

ざっとの予定はこう。

1日目 午後出発し沼津で夕食後鳥取で車中泊。

2日目 鳥取→島根と遊び、山口で車中泊。

3日目 山口でフグを食べ、広島で車中泊。

4日目 広島で遊び、岡山で車中泊。

5日目 岡山で遊び、静岡で車中泊。

6日目 静岡で遊び、自宅へ。


6日間あるけど、全部車中泊。(笑)

今回は1泊もホテルには泊まらない。


中国地方の6県を4日で回らなきゃいけない。

なので、今回はホテルに泊まっている時間はなかった。


一応、ホテルも調べてはいたんだけどね。

時期が悪くて高かったというのもある。



おとーさんの、この旅行の最大の目的は、下関でふぐを食べること。

前から食べて見たかったんだぁ、フグ。



フグは子供たちは食べないだろうから、下関での食事は子供用と大人用で分けて食べる。

以前も何度か同様の食べ方をしたな。



子供たちは食べなれたマックとかサイゼリヤで食べてもらい、おとーさんは地元で有名なものを食べる。


これがいいんだな。




さて、予定表の前半をアップで。
※クリックすると、拡大します。
IMG_3059 - コピー

後半はこちら。
※クリックすると、拡大します。
IMG_3060 - コピー


おとーさんは早番の仕事を終え、急いで帰宅。


すぐに枕や毛布等を車に入れる。

こういうのは当日にならないと、準備できないからね。


少しでも早く準備を完了させ、出発したい。

というのも、この後は帰宅ラッシュの込み合う時間になってしまうから。


子供たちは呑気に遊んでいて戦力外。

準備をするのはおとーさんのみ。


でも、戦力にならないのは想定済み。

邪魔さえしなければ、それでいいさ。


子供たちだって、これから旅行なんだから、気持ちが高ぶっていることだろう。

おとーさんが子供の頃もそうだったから。


その嬉しい気持ちは分かるよ。




そんなこんなで全ての準備が終わったのは、15時半を回っていた。



よーし、出発前に写真だけ撮っておこう。

せーの、パシャ。
IMG_3062 - コピー

最初の目的地は沼津。

なぜ沼津なのかと言うと、そこで夕食を食べるから。


これは、春に行った四国旅行の時と同じパターン。

初日の今日は、走行距離も近い四国旅行に準ずる感じの行程になっている。


沼津までは珍しく高速を使う。

今日は高速を使わないと、鳥取までたどり着けないから。
IMG_3064 - コピー

それでは出発。


カーナビの画面には、高速道路が渋滞していることを表示している。

むむむ?



このまま高速に乗っちゃうと、渋滞になっちゃう。

しばらくは下道を進もうか。


高速の隣が国道という道で、高速の渋滞を横目に進む。

この後こっちにいかなければならないのか。


いやだなぁ。
IMG_3069 - コピー

ちょっと進んで、穴川インターから高速へ入る。

そう言えば、ここから高速に乗るのは初めてかも。
IMG_3070 - コピー

高速に入ってすぐ、渋滞情報盤が出てきた。


ちょっと渋滞している。



うーん、まだこんなもんか。


これから時間を追うごとに、渋滞は激しくなっていくに違いない。
IMG_3071 - コピー

東関道に入った。

ここから幕張を通って湾岸線経由で首都高3号線に行くつもり。


今のところは流れているな。
IMG_3072 - コピー

さらに進んで湾岸習志野インターを越えたあたりから、速度が落ち始めた。

あぁ、ついに来たか。


ここからノロノロが始まるのか。
IMG_3074 - コピー

首都高に入った。

浦安を通る頃には、完全にノロノロになった。


ここからずっと渋滞か。

キツいな。
IMG_3078 - コピー

湾岸線から中央環状線を経由して3号線に入る。

3号線まではずっとノロノロ。


進んでは止まっての繰り返し。



でも、前の四国旅行の時よりは渋滞はひどくないかな。

辛抱しながらひたすら進む。


池尻あたりから流れ出し、スムーズになった。



あぁ、良かった。

やっぱり高速はこうでなくっちゃ。




東名高速に入って、制限速度が100キロになる。

周囲の車のスピードが上がる。



よしよし。

その調子だ。




海老名SAでトイレ休憩。


本当はのんびりSA内を見ていきたいんだけどね。

今日は余裕がないから、トイレだけ。
IMG_3081 - コピー

そして、愛鷹スマートICで高速を降りる。

今回は沼津インターで降りるのではなくした。


四国旅行と全く同じでは面白くない

近くにスマートICがあるのを発見し、こっちを利用しようと思い立ったのだ。
IMG_3084 - コピー

高速を降りてから10分ぐらいで目的地へ到着。

着いたのは、しゃぶ葉沼津松長店。
IMG_3085 - コピー

今回の旅行ではホテルに泊まらないので、1回ぐらいは贅沢な食事をしようと思っていた。

今夜は夜通し運転する予定だし、たらふく食べても大丈夫だろう。


肉だぞ。

食べよー。
IMG_3091 - コピー

しゃぶしゃぶ大好きな子供たち。

どんどんお肉を食べてくれる。


今日は好きなだけ食べていいんだからね。

たくさん食べなー。
IMG_3090 - コピー

食べ放題だから、デザートももちろん食べられる。

最近は量を食べられなくなったおとーさん。


肉よりデザートをたくさん食べちゃおっと。
IMG_3093 - コピー

ディナーは80分の時間制限つき。


時計を見ると、すでに1時間が過ぎていた。

時間の経つのってけっこう早いのね。


もうちょっとデザートを楽しんで、食事を終えた。



しゃぶ葉の前にスーパーがあった。

明日の朝食をまだ買っていなかった。


よし、そこのスーパーで買うことにしよう。



スーパーまでは100メートルぐらいあるのかな。

ここで1つお楽しみを入れよう。



スーパーまで競争。


けんじが最初にスタート。

しんごが3秒後に、ことみがさらに3秒後にスタート。


おとーさんがその5秒後にスタート。


おとーさんより後にスーパーに着いたら、明日の朝ごはんなし。



こういうルールが子供たちは大好きなんだよな。



駐車場内を見回して、車がいないことを確認。

よーし、準備はいいか?




よーい、ドン!
IMG_3094 - コピー

全員無事におとーさんより早くスーパーにたどり着けた。

良かった良かった。



明日の朝食と、おとーさんの夜のドライブ用のコーヒーとお菓子を購入。

子供たちはこの後はいつでも寝れる態勢となる。



さて、カーナビに入力しよう。

次の目的地は名古屋。


下道ルートで検索。



新富士から名古屋までは、国道1号線と23号線を利用する。

どちらも有料道路のように速く走れる。


高速代を節約するため、ここを通る時はなるべく国道を使う。


名古屋まで230キロ。

平均時速60キロで走れれば、4時間で着くかな。
IMG_3095 - コピー

それでは出発。

すぐに走りやすい道になる。


そうそう。

この道だよ。
IMG_3099 - コピー

22時を過ぎた頃に、子供たちの寝息が聞こえ始めた。

ゆっくりお休み。


明日は起きたら鳥取に着いているはずだからね。





走りながらガソリンスタンドの価格をチェック。

旅行中には欠かせない。


安い所があったら、すぐに入れられるように。



明日行く鳥取や島根はガソリンが高いイメージがある。

おとーさんの勝手なイメージだけど。


名古屋から高速に乗ったら、安いガソリンスタンドは期待できない。

できるなら、名古屋の手前で1回ガソリンを入れておきたい。


名古屋に近づくにつれ、ガソリン価格を見る力が入る。



144円で見つけたスタンドに入った。

すんごく安くはないけど、鳥取で150円台で入れるよりはマシか。
IMG_3105 - コピー

そして、ようやく名古屋へ。

前回の四国旅行の時は、眠さが限界で、名古屋まで持たなかったっけ。


とりあえず、名古屋までは来られた。


後は、なるべく鳥取に近い場所まで行けるように頑張ろう。
IMG_3106 - コピー

ここで、再度カーナビに入力。

ここからは高速を利用するモードで。


残り320キロだから、4時間あれば着くかな。
IMG_3108 - コピー

名古屋南インターから高速へ入る。

伊勢湾道は走りやすくていい。


ただ、トラックばっかりだけど。
IMG_3109 - コピー

伊勢湾道から新名神を走る頃には雨が降ってきた。

来たか。



小降りだから今のところは平気だけど、もっと降ってきたらいやだなぁ。
IMG_3116 - コピー

新名神の茨木千提寺PAで休憩。

ここに健康街道というものがある。


ここにやって来たのは、これを体験するため。
IMG_3117 - コピー

これだ。

足裏のマッサージだね。


見た目からして、めっちゃ痛そう。
IMG_3118 - コピー

靴を脱いで、1歩踏み出す。


ええっ!  (;゚Д゚)



めちゃくちゃ痛いじゃんか。


横の手すりを持たなきゃ、歩けないぐらい。



いてて。



でも、最後までやるぞー。



ひぃぃ。


痛い。

痛すぎる。
IMG_3120 - コピー

トイレに行くついでに、こんなのも見つけた。

これは足をここに置いて、手をここに置くのか。


むむむ。

難しいぞ。
IMG_3122 - コピー

この時点で時間は4時頃だった。

昨日の15時半から運転してきていたが、さすがに眠気がやって来ていた。


このPAで足つぼを刺激され、眠気は吹っ飛んだ。

いやぁ、こういう設備があるといいね。



実は、途中で眠くなったら、ムリをせずにどこかのSAとかで仮眠しようと思っていた。

前の四国旅行の時のように。


だけど、今回は軽い眠気は来ていたが、まだ全然大丈夫な程度。


行けるとこまで行っちゃいましょう。





さて、新名神から中国道へ入り、佐用JCTで鳥取自動車道へ。

ここまで来れば、先はもうすぐだ。


有料区間もここまで。

この先は高速道路の無料区間となる。



ここから1車線の追い越しできない道が続く。

でも、交通量は少ないし、全然気にならない。




そして朝6時10分。

ようやく目的地へ着いた。


道の駅 清流茶屋かわはらという場所。

道の駅と高速のPAを兼ねている。


朝6時という時間でも、周りはまだ真っ暗。
IMG_3130 - コピー

本日の走行距離は737キロ。

すげー走ったな。
IMG_3129 - コピー

無事に予定の目的地まで行けたことに自分でも驚いた。

まさか最後まで行けちゃうなんて。


途中で絶対ダウンすると思ってたのに。

我ながら良くやった、自分。




めっちゃ眠くて疲れた。

少ししか眠れないけど、寝よっと。


おやすみ。
IMG_3131 - コピー




ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

とまお

Author:とまお
1976年生まれ

私 ・・温厚でおとぼけ者
妻 ・・短気でおおざっぱ

子供1・・ことみ 12歳(小6)
おてんばで外遊び好き

子供2・・しんご 9歳(小4)
甘えん坊で食いしん坊

子供3・・けんじ 7歳(小2)
泣き虫のママっ子

ペット・・さくら(犬) 
トイプー 残飯処理班長

居住地・・千葉県千葉市
仕事 ・・夜勤もある交代勤務

パート主婦の妻と3人の子供たちとのドタバタを備忘録として記録に残しています。

現在、子供たちとふれ合う時間を大切にしているので、ブログの内容を軽めにしました。(24年3月~)

子供たちの顔にモザイクを入れました。(26年6月~)

イタズラのコメントが多いので、コメントを閉鎖しました。
コメントある場合は拍手からお願いします。
(28年7月~)

記事は数日~数週間前の出来事です。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR